光学部品設計,薄膜,研磨,蒸着,切削,レンズ,プリズム,IRカット,ダイシング,切断,ガラス加工などオプティカル製品を扱う東亜理化学研究所です 

採用情報
ホーム > 会社案内 | 環境経営方針

環境経営方針

経営理念

光学系技術のあくなき追求と、仕事を通じ東亜理化学をとりまく全ての人を幸せにする事と合わせて、『地球に優しい企業』として環境保全の活動を推進します。

環境方針

適切、妥当、かつ有効な環境マネジメントシステムを維持し、かつ環境パフォーマンスを向上させるため、継続的改善に取り組みます。
本環境方針を達成するために、組織とそれを取り巻く状況を検討します。
リスク及び機会・環境側面・順守義務を考慮して環境目標の設定を含む取組みの計画を立案します。
計画に沿った運営を行い、内部監査及びマネジメントレビューを通じてその妥当性を毎年見直します。
1.順守義務の履行
組織が順守しなければならない法的要求事項、及び、組織が順守しなければならない又は順守することを選んだその他の要求事項を誠実に履行します。
2.資源保護・汚染予防の推進
事業活動や製品の性質、環境影響等を含む当社固有の状況に対して適切かつ有効な省資源、省エネルギー、廃棄物の削減、環境汚染の予防に取り組むことを推進します。
3.教育・啓発と全従業員の認識向上
ITを活用した業務改善教育・啓発活動などを実施し、環境方針及び自らの仕事に伴う環境側面や環境影響、EMSの有効性に対する自らの貢献、EMS要求事項への不適合の意味に対する全従業員の認識向上を図ります。
 

2016年10月11日

株式会社東亜理化学研究所 代表取締役社長

堀 将晴

ビューローベリタスロゴ

ISO14001 2015年3月16日 認証取得(本社・工場)

ニュースリリース  環境マネジメントシステム ISO14001認証取得のお知らせ



※ 2008年1月17日にエコステージ認証を取得し、取り組みを行ってきました。
現在、ISO14001規格に基づく環境マネジメントシステムに発展させ、継続的改善に取り組んでいます。

紛争鉱物調達方針

当社は、コンゴ民主共和国(DRC)および周辺諸国で人権侵害行為を行う武装勢力への直接的、あるいは間接的な資金源となっている紛争鉱物(タンタル、タングステン、スズ、金)の調達リスクを軽減するための得意先様の責任ある調達活動に全面的に協力いたします。

川中企業として、コンフリクトフリー(紛争に関わらない)鉱物の確実な調達を目指して、EICC-GeSI* の報告ツール(CFSI_CMRT)の最新版を利用し、サプライチェーンの調査を実施して参ります。

製品含有化学物質管理の仕組みと並んで、紛争鉱物調達情報を管理する仕組みを整え、得意先様からのご依頼に迅速に対応いたします。

2017年8月21日

株式会社東亜理化学研究所 代表取締役社長

堀 将晴

*EICC-GeSI:情報およびコミュニケーションテクノロジー(ICT)業界のメンバーからなる非営利組織